【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

親がこどものおこづかいの使い方に、口出ししてはいけない理由

昨日の夜は、お祭りに行ってきました。
「好きに使っていいよ」と言って、こどもたちに1000円づつ渡しました。
中心価格帯が100円という、ありがたいお祭りを利用して、
プチおこづかい教育開始!!

お姉ちゃんは残り金額をしっかり確認しながら、計画的に遊んでいました。
これは予想通り^^

想定外なのは弟!!
かき氷、たこせん、沢ガニ釣り(それぞれ100円)を楽しんだ後、
500円のくわがた虫をお買い上げ・・・(汗)

よっぽど止めようかと思いましたが、
口出ししない、手出ししないと心に決めて見守りました。

私は相当ハラハラしましたが
「これは買えへんなぁ・・・。残り200円やしなぁ・・・」
などと言いながら、こちらが感心するほど上手にお買い物していました!!

今日は近所のお友達にクワガタ&沢ガニをお披露目して、一躍人気者!!

自分の価値観をついつい押しつけてしまいそうになりましたが、
500円のクワガタ虫&100円の沢ガニは、
下の子にとって、ものすごく価値の高いお買い物だったようです。
きっと、おなかがいっぱいになる事よりも。。。

そういえば今日も、朝ごはんも昼ごはんも食べずに
クワガタ虫と沢ガニで遊んでました(笑)

そういう事なんですね^^