お金で学ぶさんすう®
*

学校の勉強は、どこでどのように役立つの?

「数字って何のためにあるんかなぁ?」
「数字ってどんな所が便利なんかなぁ?」
「誰が数字なんて作ったんやろうなぁ?」

さっき、何気なく下の子が聞いてきました。
こんな質問をお母さんに投げかけるあなたは天才!!
さすが発達障がい児!!(笑)
お母さん、今ならその質問に答える事が出来ますよ!(^^)!

目的が明確でないと、なかなか前に進めないあなたのような子のために
「学校の勉強はどのように役立つのか」という事を
「お金」という観点から提案してあげたいのです。

昨日は、発達障がい&知的障がいのあるお子さんのための
お金の教室の説明会を行いました。

ご参加下さった保護者のうち、お1人は学校の先生でした。
ご自身のお子さんの事がきっかけで、
育成学級の担任をご希望されているとの事。

「算数だけだったら来なかったけど、
お金の話という事だったので来ました」
とおっしゃっていました。

「こういう事が知りたかった」
という事に対し、答えを持って帰っていただけたようです!!

教室のタイトルですが・・・。
なかなか良い名前が思いつきません(笑)
いつまでも(仮)のままです。