【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

たし算を習っていても、たし算に混乱する理由

今日、さんすう教室に来てくれた子。
1円玉だけならば、10円を超えても理解出来る子です。
ここで、足し算を導入してみました。

1円のお菓子と、4円のお菓子、両方買います!!
合わせていくらでしょう??

大混乱が起きました。

部屋をウロウロしたり、急に片付けを始めたり、
お茶をゴクゴク飲んだり
私の顔色をじ~っとうかがったり・・・。

足し算だけだと理解出来るようですが、
そこにお金が入ると混乱する様子。

6や7のハンコを持ち出して
もっと大きな数をやりたい!!と言いましたが、無視。

やっぱり、お金と算数って全くの別物と捉えられていたんだな、
と改めて納得しました・・・。

今は、学校で一番に習うであろう足し算の式を持って来ていますが
実生活で使うのは、おそらくひっ算ですよね・・・。
ひっ算を使うと、またしても大混乱の予感です。