【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

100点大好き!!

100点大好き!!
1つの問題をクリアしたら、必ず花マル100点を書いて
名前も書いて、と言ってくれるお子さん(笑)

test100

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、100円玉を出して「これいくら?」と聞くと
「10円・・・??」
10円玉を出すと
「10円・・・」と混乱が生じました。

こんなにハッキリ数字も書いてるし、見た目も全く違うのに。

money04_a01money03_a01

 

 

 

 

 

 

大好きな100点、自分でもい~っぱい書いているのに(笑)

なぜこのような事が起こるのでしょうか?

 

 

「100」を1つの文字として捉えている

 

 

原因は、100を1つの記号として捉えている事だと思われます。
点数としての100点は、100の数字の下に二重線がついています。
二重線がなくなったら、100点ではなく意味不明な記号です。

 

 

100という数字がそれぞれ位ごとに分かれていて意味を持つ、
という事を伝える必要があります。

 

 

数字は0~9の記号の組み合わせ

 

少し数字を変えて説明します。

たとえば、105という数字は、
100の位に100が1つなので「1」
10の位には何も無いので「0」。
1の位には1が5つで「5」(写真では5が1つです)
という組み合わせで成り立っています。

WIN_20160107_17_54_25_Pro

 

 

 

 

 

 

ところが、105を「105」という1つの記号として捉えていると
それを分解する事に混乱してしまうのです。
1ケタだけを取り扱っていた時には、考えなくても良かった事です。

 

 

位取りの概念を電卓とお金で学ぶ

学校で習う算式の形は、いわば「電卓の手順書」です。

1+2=

と電卓で打てば、答えは3と自動的に出てきます。
学校の算数の方が先行しているので
「いち たす に は さん」ときちんと唱える事が出来ていました。
しかし、紙に書くと1=2+3など、
中身はバリエーションに富んでいました(笑)
電卓で1=2+3と打っても、
唱えた文章通りの答えは返してくれません。
今まで、何が違うのか理由が分からなかったと思うのですが
「手順が違う」という事を、電卓が知らせてくれたおかげで
定着が可能となったようです。

 

 

お金で学ぶさんすう教室では、
計算式を作る際には数字ハンコか数カードを使っています。
電卓と同じ手順で、
自分で操作しながら数字や算式を作る事が出来るからです。
書くのが苦手でも、ペタペタ押すと簡単!!
楽しくてこども達に大人気です!!
更に、数字を組み合わせとして捉える事の出来るありがたいツールです。

WIN_20160112_22_17_25_Pro

WIN_20160113_09_15_43_Pro

 

 

 

 

 

 

 

位取りの概念を、お金で視覚化

 

これまで、「足し算、引き算も出来ないけれどお金なら計算出来る」
という生徒を何人か見てきました。
お金は、10くらいまで数える事が可能で、
かつ、お金の種類と名前を覚えてくれれば、だいたい何とかなります。

 

 

お金にはたとえば、100円ならば「100」と書いてあります。
モノとしての名前も「ひゃく(ひゃくえん)」です。
百、という名前のものがいくつあるかを数えて、
量の名前+モノの名前で、読む事が可能です。

 

たとえば、100円が2枚なら
money04_a01money04_a01

 

 

 

 

「に + ひゃくえん」 →にひゃくえん  です。

英語にすると分かりやすいと思います。
two apples (りんご2個)
two papers(紙2枚)

 

 

という仕組みと同じですね。

 

 

この位取りが学べる素晴らしいアプリがあります。
無料ですので、ぜひご覧ください。

<お金の学習2>
金種と位取りが学べます。
https://itunes.apple.com/jp/app/id1018173612