お金で学ぶさんすう®
*

第三者目線で心の負担を軽くする

お金のやり繰りを考える上で大切な事。

それは、「必要なもの」と「欲しいもの」を判断する事です。

Needs(ニーズ)とWants(ウォンツ)、などと言ったりしますね!!

 

判断する時には自分の気持ちと向き合う必要があります。

自分事として捉えると感情のコントロールが上手に出来なくなり

泣き出したり、怒り出したりするような場合もあります。

 

冷静に自分の心と向き合う練習も必要です。

そこで、お人形やぬいぐるみなどを擬人化させる方法をご紹介します。

要するに、ごっこ遊びに繋げるだけなのですが・・・・。

 

感情的にならず、冷静な判断を促す事に繋がります。

13335703_479407448931932_5888838125734875460_n

 

 

 

 

 

 

 

こちらの著書の中でも、

先生が等身大の子ども達の姿を作成し、

本物ではなく、作りもののこども達に向かって注意したり、

こども達が等身大の自分に話しかけたりする事で

気持ちの整理をつけていく・・・という事例が紹介されています。

<参考:キミヤーズの教材教具>

http://www.amazon.co.jp/dp/4863420609

 

大人も第三者目線を持つ事で

自分自身と冷静に向き合ったり、こども達の気持ちを理解する事は

とても大切な事だと思います。