お金で学ぶさんすう®
*

予算内でやりくりしながら、計算を学ぶ

 

100円のたまねぎと、200円のバナナ、あわせていくら?

とたずねて、「300円!!」と即座に答える事が出来たとしても

「じゃあ、算式であらわすと??」と聞くと

「えっ???」と戸惑うお子さんもいらっしゃいます。

 

 

概念が理解出来ているのであれば、

少し意識を向けてあげるだけで繋がります。

それには、現場でのホンモノ体験が一番!!

 

お買物と算式と繋がっている事を学んでもらう事を目標に

お買物ツアーに出かけました。

13418873_1174369559261013_6077983183104798479_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学習のポイント

 

今回、学習のポイントは下記の3つです。

 

①合わせていくら→足し算である事を理解する。

(算式と繋がっていなかったため)

 

②おつりはいくら→予算-商品の合計額である事を理解する。

(おつりの概念が理解出来ていなかったため)

 

③お金には予算があり、予算の範囲内でやり繰りする事を理解する。

 

100円~1000円の範囲内であれば、お金の計算は可能だったので

予算1000円で、お昼ごはんの材料を買いに行く事にしました。

 

【メニュー】

・レタスシューマイ

・レタスのおかかあえ

・おだんご→【ポイント】

(・おにぎり)

 

 

 

昼ごはんの材料だけならば、1000円で足りるメニューです。(4人分)

ところが、おだんごの材料を購入するとなると、かなり工夫が必要です。

 

どのようなやり繰りをするのか、楽しみにしながらお買物に行きました。

 

 

 

必死のやり繰り

 

おだんご、魅力的だったようです(笑)

作戦大成功!!

 

どうしても、おだんごが作りたい!!

こしあんのだんごがいい!!

 

だんごの粉と、こしあんと、お昼ごはんの材料をカゴに入れて

電卓で計算したら1000円を超過・・・・。

 

数字を見て、

「レジでおつりをもらえば大丈夫!!」と言ってくれました。

お金を見ながらだと、出てこなかった言葉のはずです。

数字だけを見ると、このような事が起こるのですね。

 

sweets_dango

 

 

 

 

 

 

 

「お財布にはいくらだった?」とたずねると、

「1000円・・・・あっ!!!」

買えない事に気付いてくれました!!

 

さぁ、やりくりの始まりです。

一番高いだんごの粉を選んでいたけれど、一番安いのに変えたり

レタスは丸ごと1個だったのを半分にしてみたり。

 

量は少なくなるけど、出来上がったお団子の方が安い!!

けれど、作りたい気持ちの方が強く・・・。

電卓をたたきながら、必死に計算を頑張っていました。

 

素晴らしかったのは、

「お昼ごはん作るのやめる」とは言わなかった事と

人数分をきちんと考えていた事です。

 

 

最終的には、

「色粉があるから、三色団子が作れるよ」と教えてあげると納得し

こしあんをあきらめ、三色団子を作る事になりました。

sweets_sansyoku_dango

 

 

 

 

 

 

 

 

レジに行く前に、税込み価格を計算し、

おつりがいくらになるかを計算してからレジに行きました。

税込合計額は959円、おつりが41円でした。

レジでも全く同じ金額が出てきました。

 

おつりの意味も理解してくれたようです。

バッチリ計算出来て、誇らしげでした。

 

「家に帰って、もう一度計算やってみたい!!」

と言ってくれました。

意味が分かるとやってみたくなるようです!!

 

熱意にこたえ、レシートを見ながら計算の復習をしました。

13450894_484619538410723_8645319742179562013_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱい考えて、工夫しながら買い物が出来て

一緒にごはんを作る事も出来ました!!

 

13240008_484619555077388_1001305205887320360_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の素晴らしいところは、見た目で金額を把握できる所です。

だからこそ、学校で習う算式は

あえて繋げてあげなければ、全くの別物と認識されてしまいます。

 

 

別物ではなく、姿を変えているだけです。

暮らしの中に潜んでいる勉強たちを発見してみてくださいね!!