お金で学ぶさんすう®
*

子どもにやらせると大変??

夏祭り。模擬店とはいえ本気の仕事です。責任もあります。

「ほら、こうするのよ!!しっかり見てちょうだい!!ほら、次はこれでしょ!!」

・・・少し失敗したら

「もう、何やってるの!!」

この状態だと、こどもはつまらない。大人もヘトヘトです。

大人だけでやった方がはるかにラクだと思います(笑)

こども達だけでお店を任せるようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

こども達が1人でもきちんと出来るよう、環境を整えてあげれば大丈夫です。

私はオリジナルの予定表や役割分担表、それぞれの役割の手順書を用意しました。

環境を整えたら、手出し、口出しせず信じて任せてしまいましょう!!

こども達が助けを求めてきた時には、助けてあげて下さいね。

そうする事で、大人はほぼ見ているだけで済みます。

大人がお店をするよりも、ずっとずっとラクチンなんです。

しかもこども達が目を見張るほどに成長してくれます!!

あんな輝かしい姿を見たら、手出しするのがもったいなくなります!!

13962486_502870116585665_6789960607540839267_n

とはいえ、私も初めての夏祭り出店で分からない事だらけ、不安だらけでした。

大人は自分1人。

こども達だけで動ける事を前提に、色々と考えて準備をしたものの

想定外の連続に加えて突然の雨!!

正直泣きそうになっていました。

こども達が色々なアイデアを出してくれたからこそ

様々なハプニングを乗り越える事が出来ました。

こども達も、自分達のアイデアが採用された事で自信を持ってくれました。

「いらっしゃいませ~」と、呼び込みをしてくれる子。

「これやってみたい!!」と、正の字で来客数の把握にチャレンジする子。

「お客さん、100人超えたよ!!」と、報告して盛り上げてくれる子。

私は何一つ指示していません。

自分達でどんどん考え、自ら行動してくれた結果です。

本当に生き生きとした、いい表情していました!!

「すっごく良い顔してた!!楽しんでた事がすぐに分かった!!本当にありがとう!!」

と、保護者の方にも言って頂き、私も嬉しさ倍増です!!

自ら考え、1つの目的に向かって進むからこそ

やりがいを感じたり、楽しさが生まれて来るのですね。

13887012_502870159918994_484351564773665719_n

お金のやり繰りも同じです。

夏祭りでは、累計118人のこども達が遊びに来てくれました。

その中で、自分のお財布を持っていた子は2人でした。

「お金には上限がある」と知る事から、やり繰りが始まります。

おうちの方から、その都度お金をもらっていたら上限が分かりません。

「おまつりで使えるお金」としておこづかいを事前に渡し

その範囲内でやり繰りをさせる事は、大きな学びに繋がります。

限りある中で、一生懸命考えるからこそ満足度も上がるのです。

やはり大人は、手出し口出しせず、信じて見守る事が大切です。

こども達にとって、大きな成長ある夏となりますように。