【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

お金のやりくりが上手になる方法

「自分がお金は苦手だから、こどもにはしっかりお金を管理出来るようになって欲しい!!」
我が子には幸せになって欲しいと願うからこそ、
出来る限りの事を教えてあげたいものです。

 

お金のやり繰りが上手になるために必要なものは??
とお聞きすると、大抵は
「家計簿、おこづかい帳」という答えが返ってきます。

 

 

ところが、家計簿をつけていても、全然お金が貯まらない人もいます。
私がそうでした(笑)

 

 

逆に、家計簿をきちんとつけていなくてもきちんとやりくり出来ている人もいます。
なぜ、このような事が起こるのでしょう?

 

お金のやり繰りに必要な力とは、何だと思いますか?

 

 

こちらの写真、学習の一環としてお買い物に行った時のものです。

 

 

 

 

座り込み!!!!

 

 

 

 

 

 

2時間ほど座り込みされました。
素晴らしい意志の強さです!!

 

 

何が起こったのか、ご説明します。

おうちの方から「おつかい」としてトマトを買ってくるように頼まれました。
何度も何度も、「トマトを買うんだよ」と確認し、約束しました。

 

 

ところが、スーパーに着くと・・・。
トマトの近くにあったジュースとキャラクターグッズに心を奪われてしまったのです。

 

 

お金はトマトの分しか持っていません。
「トマトを買うんだよ。他のものは買えないよ」
と説得しますが、一切聞く耳を持たず、座り込み開始!!
というわけです。

 

 

この日はルールを守れませんでした。
この場面から、将来どのような事が想定されると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ヶ月のお給料の予算分けをしたとします。
「これは食費、これは光熱費、これは家賃・・・」
自宅では冷静です。

 

ところが、お出かけした時にかわいい服に遭遇!!
ついつい衝動買い・・・・。
「またやっちゃった!!どうしよう、家賃払えない!!」
そんな事も想定されるのです。

 

 

お金をやりくりする手段は、色々あります。
家計簿がなくても、きちんと貯金も出来ます。

 

 

しかし、どのような手段であっても、
そのルールをきちんと守れないとお金のやり繰りは出来ないのです。

 

 

 

お子さんが将来、困らないためにも
きちんとルールを守る、強い意志を育てていきましょう!!