お金で学ぶさんすう®
*

ただ見守るだけで。

夏休み前、小学4年の息子が

「夏休みの間、毎日マラソンする!!」と自ら目標を立てました。

自分でマラソンカレンダーを作り、

「走ったら毎日色を塗る」と、張り切っていました。

 

イレギュラーな事が起こったら

やる気を無くして続かなくなる可能性はあるな・・・・と感じました。

「もし雨が降ったらどうする?」

「もし病気にかかったらどうする?」

それを本人に考えさせて、夏休みマラソンスタート!!

 

親として気を付けた事

 

自分で決めた事はしっかり貫いてほしい!!

そう願うからこそ、つい「今日は走ったの?いつ走るの??」

と言いたくなってしまいます。

 

「頑張って続けてるね!!」

「今日は雨だったね」

「熱あるやん!!体調悪い時は無理せずしっかり休む事も大切!!」

同じ目線で寄り添う事を意識し、友達のように見守る事にしました。

 

夏休み最終日

 

息子は見事に、自分で決めた目標達成出来ました!!

雨の日もありました。病気の日もありました。忘れた日もありました(笑)

忘れた日は病気扱いにしたので、混乱は起こりませんでした。

 

その結果がこちら。

14034887_508637276008949_8334161258228557139_n

 

 

 

 

 

 

 

この1枚の紙が自信を育んでくれました!!

 

マラソンを通した学びもあったようです。

「ボクはマラソンで借金の大変さを学んだわ・・・。

1回でも休むと後が大変や・・・」

このセリフには思わず笑ってしまいました(笑)

 

そして、このような副産物がうまれました。

自ら作成したおこづかい帳です!!

14022143_508637289342281_1373451464250734039_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は「おこづかい帳はつけなくてOK」と言っているので

書き方などを教えた事はありません。

 

きっと、何かを見て真似したのでしょう。

「お母さん見て!!これ自分で考えて作ったねん!!」

と、誇らしげでした。

 

 

このマラソンカレンダーは、

学校の担任の先生に提出する事になりました。

「自分で決めた事をやり遂げたんです!!ほめてあげて下さい!!」

と、私から先生にお願いしました。

 

出来ない事を数えれば、いくらでも出てきます。

しかし、子ども達は必ずキラッと輝くものを持っています!!

その輝きを見つけ出して、見守りながら育ててあげたいですね。