【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

学校の算数は使えない??

 

こども達が集まってプリンを作る事になりました。

材料(一部)にはこのように書いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「牛乳・・・・・・・・・・3/4カップ」

 

「3/4って何?3~4杯くらい入れようか?」

「カップってコップの事?どのくらい入れたら良いの?」

「もうテキト~でいいんじゃない??」

 

 

学校では特に問題なく、計算も出来るようです。

分数が出てきます。3/4・・・・。

これが「よんぶんのさん」とは、理解しにくいようです。

 

しかも、カップも分かりません。

身近な所に、算数が出来ても暮らしで使えない理由は隠れています

 

 

 

ヒントを出しました。

「1カップは200mlだよ。200mlの3/4を計算すると良いよ!!」

こども達の拒絶感を感じました・・・・。

 

もっとヒントを出しました。

「計算式は200ml×3÷4で計算出来るよ。電卓使っても良いよ。」

「何で算数なん?超サイアクっ!!!」

 

 

 

15977146_565436636995679_3608237768085148537_n

 

数・計算と聞いただけで、サイアクと言われてしまう・・・。

「お料理には算数が必要なんだ、サイアク~!!」ではなく、

「お料理楽しい!!またやりたい!!」で終わらせたいですね!!

 

 

計算は、問題を解けるようになる事が大切なのでしょうか?

 

そもそも、なぜ数や計算がこの世に存在しているのでしょうか?

数や計算は、暮らしが便利になるように作られてきたはずです。

長い歴史の中で、私達の祖先がたくさんの苦労を積み重ねながら作り上げてきた「便利なツール」だったのではないでしょうか?現代社会に存在する、インターネットやスマホのように・・・。

 

 

それだけではありません。

数や計算が存在するからこそ、みんなが納得出来る「平等」を作れます。

こども達に、数や計算の便利さを身近な体験から学んで欲しいと願っています。