【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

計算プリントよりも、電卓を使った方がいい理由

「定型発達の子よりも、障がいある子の方が出来るかも・・・・」

そう思った事は、1度や2度ではありません。

 

先日、私はレンタカーのキャンセル料を払いに行きました。

「前日キャンセルですので、キャンセル料はレンタル料の3割になります」

と言われました。

 

レジには、キャンセル料の設定は無いらしく、

店員さんが電卓で計算してくれました。

 

ところが、何度やっても

「あれ?あれ??」といった表情で首をかしげています。

良く見てみると、このように計算されていました。

 

料金÷0.7

 

何度やっても小数点になります。

 

私は昨年まで、中学生に家計のやり繰りの体験学習のボランティアをしていて、

特別支援学級の生徒はもちろんなのですが、普通学級の生徒も担当していました。

パーセントの計算や、割引の計算もありました。

同じように、÷だったか、×かで悩んだりする生徒にチラホラ出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の理解度にもよりますが、こういった生活に沿った計算は

特別支援学級の生徒の方が得意な場合があります。

「生活力ついているな~!!」と感心する事もあります。

 

定型発達の方は、言えばすぐに分かります。

障がいある方は、何度も繰り返し練習する事で定着します。

大きな違いは、繰り返しの回数の差だと思っています。

 

 

こどもに聞いてみました。

「1000円の3割は何円だと思う?」

 

「300円やろ?」

すぐに答えが返ってきました。

 

「それを算式にすると、どんな式になる?」

「え~っと、え~っと・・・・」

 

答えが返ってきませんでした。

 

面白いですね。

3割と言われて、元になる金額が1000円や100円などのキリの良い数字だと

感覚ですぐに分かるのです。

 

 

それを算式にするとなると、全然答えが返ってきません。

暮らしの中で使う計算と、学校でのプリントの算式が一致しない典型だな・・・・

と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

算数では、電卓の使用を許可されていない所も多いと思います。

しかし、暮らしの中では電卓を使う場面は圧倒的に多いです。

 

3割のイメージがだいたい分かっていても

算式にする事が出来なければ、電卓を使う事ができません。

 

すでに作られた算式をいっぱい解いて練習しても、

暮らしと結びついていなければ、使う事が出来ません。

 

今の勉強は、どちらかと言えば

「将来働くための力」を育てる事に重点が置かれているように思います。

 

それも大切です。

しかし、日ごろの生活できちんと知識を活かせるからこそ、

それが仕事にも役立つのではないかと思っています。

 

仕事も暮らしと結びついています。

仕事は出来るけれど、家事もお料理も出来ないと

結局は生活のバランスが上手に取れません。

 

こども達は、「将来働く時に役だつ知識」よりも

「今の暮らしに役立つ知識」の方が身近で、便利だな、勉強は大切だな、と実感しやすいようです。

ぜひ、今の身近な暮らしの中から、学校の学びに繋がる知識を身に付けて欲しいと願っています。

 

暮らす力に必要な、「お買物」、「お料理」から、「数、計算」を学ぶ講座が開催されます!!

包丁もほとんど使わない、火も使わない魔法のレシピで

こども達の自信を育みながら、お料理力、お金のやり繰り、さんすうを学べる講座です。

ご興味のある方はこちら。