【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

高所得世帯が赤字になる時・・・

貯金もしようと思っています。

贅沢している、という感覚もありません。

なのに、赤字になってしまうのはなぜ??

 

 

 

中学生向けの、家計体験学習のお話です(笑)

娘が先日、1ヶ月の家計のやりくりを体験する学習に行ってきました。

1人1人が「大人になった」というの仮定のもと

仮の年収と家族構成を与えられ、生活費のやりくりを体験する学習です。

http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000043134.html

 

 

「グループの中で収入一番高かったはずやのに赤字になったねん・・・。」

と報告してくれました。

ボランティアさんに「服買いすぎ!!」と言われたそうです。

 

 

もちろん、家族構成など色々な要素は絡んできます。

贅沢しているつもりも無く、それなりに吟味しながら買い物をしたようですが

服だけでなく、全体的に支出がふくらみ気味でした。

心のどこかで「自分は収入が一番多い」という気のゆるみがあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この学習の事はとてもよく知っています。

私が6年間お世話になった施設です。

お金で学ぶさんすう®の活動は、ここでの経験や気付きが原点です。

中学・高校あわせて123校の学習に携わりました。

 

 

そして娘のように「自分は所得が高い」と心のどこかで安心して

赤字になる生徒をたくさん見てきました(笑)

自分は節約しているつもりかもしれませんが

意外と支出全体に膨らみがちだと感じています。

 

 

「ケータイけっこう高いねんなぁ。中学やったらipodで充分やなぁ。」

と、娘がボソッと言いました(笑)

日ごろ、携帯に関しては恨みつらみをいっぱい言っていた娘でしたが

この学習のおかげで、家計に理解を示してくれたようでした。

 

 

生活する事、学校で学んだ事が

今の暮らしや将来の暮らしにどのように活かされるのかなど

総合的に学ぶ事が出来ます。

 

このような学習が、どんどん広がれば嬉しいです!!