お金で学ぶさんすう®
*

失敗の練習をして、社会性を身に付ける

発達障がいある子の中には、強いこだわりを持っている子が多いです。

そのこだわりを貫けなかった時は大パニック!!

 

私の子は、時間にこだわるタイプです。

それも、世間一般的な時間ではなくマイルールの時間です。

 

最も象徴的なのが、学校に行く時間。

学校に間に合うように行くには、8時頃に行けば充分間に合うのですが

毎朝、7時半には家を出ています(学校の許可は得ています)

 

でも人間ですから・・・・。

たまには寝過ごす事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと朝が早い子なので

寝過ごしても、学校に行く時間には間に合います。

なのに、マイルールの時間を守れなかった事で心のバランスを崩して

パニックを起こしてしまう事によって、

本来間に合うはずの学校に間に合わなくなる事があります。

 

「社会のルールは守らないとダメ!!」

心が落ち着くのを待っていたら確実に遅刻です。

遅刻した、という事実は後々まで本人を苦しめます。

ここはとにかく、学校の時間には間に合うように行動あるのみ!!

心は後からついてくる!!

 

そんな理由で、無理やり学校に送り出しました。

「今日は朝から心のバランスを崩しています」

と、きちんと学校に電話しました(笑)

 

こんな出来事は時々起こります。

「たまには失敗する」という経験も、大人になるために、社会性を身に付けるために

必要な経験のはずです。

 

寄り添ってあげられる、今のうちに・・・・。

 

<イベントのおしらせ>

1月21日(日) 14:00~16:30  不登校のおはなし会 in滋賀 vol.7

「学校の先生との上手なつきあい方」(主催:NPO法人D.Liveさん)

不登校、別室登校、先生からいただいた様々な支援。

先生とより良い関係を築く事が出来れば、こどもはより成長します!!

「何でそこまで先生が動いてくれるの?」のコツをお伝えします!!

学校の先生との上手な付き合い方 〜不登校のおはなし会 vol.7 1/21(日)滋賀県大津市〜