【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

『実践障害児教育2018年6月号』(学研プラス) 発売されました!

 

 

8回目の連載テーマは『お金の循環は「ありがとう」の循環』です。

 

おこづかいの額って、どうやって決めたら良いのか?

おこづかい帳はつけた方が良いのか?

お金の大切さ、お金の計画的な使い方って、どのように伝えたら良いのか?

最もご質問の多い内容にお答えしています!!

 

鹿野佐代子さんが開発された「お金カレンダー®」の

当教室での使用例も紹介しています。

 

1人でも多くの方に、幸せなお金の使い方を知っていただける事を願って書きました!!

どうぞお手に取って下さいませ。

 

 

『月刊 実践障害者教育』最新刊 (学研プラス)

 

講演会のお知らせ 本誌P.25

 

 

 

6月24日(日) 13:40~16:40

さいたま市で教育関係者、支援者の方、保護者の方などを対象にした講演会を開催します。

当日は、会場にお越し下さったこども達にもご協力してもらい

「このように指導しています!!」という所を実演しながらお話する予定です。

 

たくさんの方のご来場、お待ちしております。

 

障がいのある子が困らないように算数を学ぼう