【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

行動あるのみ!!

 

「今度京都に参ります。ぜひお会いしたいです」

昨年、FP協会三重支部の継続教育研修で、
私のセミナーをご受講下さった「鈴木伸行さん」から連絡がありました。

 

昨年お会いした時は、定年されてFP事務所を開業されたばかり。
自閉症協会でのセミナー講師の依頼を受けたとお聞きしておりました。

 

障害のある子ども達の教育や、親なき後の支援にも、
とても力を入れてらっしゃり、様々な所に出かけては経験をたくさん積んで来られたようです。

 

とても勉強熱心で、向上心が高く、
それでいて、語り口はとてもおだやかで、優しさがたくさん伝わるお方です。

 

「本当は養護教員になりたかった」
かつての夢を、違う形で定年後に叶えられたようです。
とても楽しく、毎日生き生きとお過ごしになっている様子を
たくさん教えて頂きました。

 

鈴木さんはとても勉強熱心で、行動力のある方です。
「障害のある方の支援をやりたいならば、”ゆうちょ財団の金融教育支援員“をご受講されると、情報が手に入りますよ」
とお伝えすると、すぐに勉強し、支援員の資格も取得されました。

 

 

「現場を知ることが大切」と、
A型、B型作業所などを、精力的にご見学されたりなど、
行動力は私も見習わなければと思いました。

 

奥さんも、民生委員をされているとの事で、
ご夫婦で情報を共有しながらご活動されているようです。

 

 

そして何よりも嬉しかったのは・・・。
「実践障害児教育」に掲載されている、
私の連載を全て読んで下さっていたことです!!
しかも、奥さんもご一緒に!!

 

 

なかなかお聞き出来ない読者さんのご感想をいただることは、
私にとって、この上ない喜びであり、心の糧になります。

 

心に残った言葉まで、スケジュール帳に書いて残して下さっていました。
ちなみに、「お金と包丁はそっくり」という言葉に、
とても感動したとのご感想をいただきました。

 

はい、お金は包丁と同じ道具です。
基本的には幸せになるための道具ですが、
使い方を誤れば、人や自分を傷つけてしまうこともあります。

 

だからこそ、使い方をきちんと学ぶことはもちろん
「正しく使うための心構え」を学ぶ必要があるのです。

 

想いが、少しでも伝わり嬉しいです!!

 

鈴木さんの、今後のご活躍をますます楽しみにしています!!