【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

食べるさんすう教室開催のお知らせ

「食べる」ことから「食べていく」を学ぶ!!

将来、きちんと働いて収入を得なければ生きることができません。

  

でも、それだけで大丈夫でしょうか?

  

きちんと生活を成り立たせるためには、働いて収入を得る力も、もちろん大切ですが、その収入の範囲内で、きちんと「やりくりする力」を育てる事も大切です。

  

お金を使うことは、子どもの時から始まっています。

どうやってやりくりを教えたら良いかが分からず、悩む方もいらっしゃいます。

  

それもそのはず。だって、誰も習った事が無いのですから。

お子さんと一緒に、やりくりを学ぶチャンスです!!

やりくりは食べ物にとても似ています。

「食べていく」という言葉にもあらわれています。

  

食べるさんすう教室は、まず食材などのお買物からスタートです。

  

子ども達には水道光熱費や家賃も支払ってもらいます。そうすることで、1回の調理実習費が、家計の考え方に近付きます。

  

食べ物で「必要なもの」は栄養のバランスの取れた食事です。

これらをきちんと食べないと、基本的な体の健康が損なわれます。

  

「欲しいもの」はお菓子などのし好品。

必ず食べなければならないわけじゃないですが、心に潤いを与えてくれたり、満足したり、笑顔になれたりするものです。

  

お金も同じです。

必要なものは、家賃や水道光熱費など、最低限の暮らしに必要なものです。

欲しいものは、レジャーやゲームなどです。人生に楽しみを与えてくれます。食べ物でも、外食だとこちらに分類される可能性もありますね。

 

それらを料理を通して学んでもらい、生活スキルも、お金のやりくりの基本となる考え方も学んでもらう講座です。

実践的に学ぶからこそ、生活の中で数や計算を体験しながら学ぶことができます。それが、学校算数との違いを埋めていくことにもつながります。

 

ぜひ一度、ご体験にお越しくださいね!!

 

お申込み、お問合せは、こちらからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S58910946/?fbclid=IwAR1nNgihj75YhjDZaPW7K90Yy-y_P2W29_em8D219BnMF2WlwfHBgf3vkfY

 

チラシはこちらからご覧いただけます。