【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

せっかくお金を貯めても、使う力が無ければ・・・

我が家で一番キッチリお金の管理が出来ている人は、うちの息子です。

でも1つ大きな悩みがあるんです。

 

散髪代が余り過ぎ💦

予算分けしてて、お金はきちんとありますが

髪の毛伸び放題!!

もう立派なライオンくんです!!(笑)

 

「散髪行き~!!」と言っても放置。

今まで、見るに見かねたお父さんが

車で強制連行してました。

 

実は小さかった頃、本当に散髪、大変だったんです💦

発達障害児、あるあるです。

 

未だに、髪型は丸坊主って決まってます。

とにもかくにもスピード勝負!!

オシャレとか、どーでもいい!!(笑)

必要最小限でOK!! ボサボサじゃなければOK!!

 

 

そんな前提のもと、「2ヶ月に1回散髪に行く」という設定で

1回1000円(安っ!!)の散髪代を2分割して、毎月500円ずつ貯めているのですが・・・。

 

それすらも全然行かない。めっちゃお金貯まる。

散髪代が3000円くらい貯まってて、

他のお金に転用させたこともあります。

ちなみにお店を変える事もリスクです。

これも、発達障害児あるあるです。

 

うちの子は不登校。

「いい加減髪の毛切りや~!!」と言う人が身内だけ。

 

「自分で自転車で行けば?」と言っていたのですが

昨年、成長に伴い体の大きさに合わせて自転車を買い換えたら、乘る回数が激減💦

こんな事も発達障害児あるあるだな・・・と思いつつ。

 

ところが今日は急に「自転車で自分で散髪に行く」と言い出しました。

 

 

何でだ??

「いい加減にしてっ!!」と私がキレたから?(笑)

家庭教師の先生が付いて下さる効果か??

 

何はともあれ、一大決心で(?)1人で散髪に行く事に!!

まずは自転車の空気入れ・・・。

これを本人にやらせるだけでも大変でした。

 

やり方が分からない。

やり方が分かっても、力が弱すぎる不登校生。

こりゃ運動が必要だわ・・・・と、ひしひし💦

 

散髪は難なく終わる事ができました。

いつも散髪屋さんに持って行くスタンプカードがあるのですが

そこに、「いつもの髪型」が書いてあります。

「カードに書いてあるので良いですか?」

と聞かれて、「はい」と答えるだけだったそうです。

いつものお店で良かったです。

 

散髪に行く。

ただそれだけの事なんです。

お金はあっても、実際に散髪に行くまでには

色々な事を理解しておく必要があることを実感しました。

 

身だしなみの1つとして、定期的に行く必要性を本人が理解していること

散髪屋さんまで、1人で行けること

どのように切って欲しいのかを伝えられること

 

初めて1人で髪の毛を切りに行く事が出来て、

少し誇らしげな息子でした。

 

次からは、ライオンになる前に1人で定期的に行ってくれるかな?(笑)