〒600-8127 京都市下京区梅湊町21-13 ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動センター内 No.85

お金で学ぶさんすう®

~お金を知ることは、より良く生きること~

笑顔いっぱい、豊かな暮らし

不登校生家庭教師の様子

役員ブログ

隠れたカリキュラム 〜学校にお金の教育を(2)〜

更新日:

お金で学ぶさんすう®の仲田です。

もしも皆さんが、お勤めの会社や経理をお願いしている税理士さんから、
「あなた自身のお金の使い方が大変不安ですので、今後あなたの所得についてはこちらで管理して週毎にお渡しします。」と言われたらどうでしょうか?

到底受け入れられないと思います。

住山と私は、ゆうちょ財団の金融教育支援員として、全国の福祉関係の施設や団体を対象に、支援員の方々や当事者の方々向けに講座をご依頼されています。

どちらにお伺いしても、受講される方々は非常に熱心にお話を聞いてくださり、実践に活かそうとされていらっしゃるので大変ありがたいです。

 

その中で、本人さんのお話を聞く限りではありますが、
「この方はもう少し手を離しても、自分でお金の管理をうまくできるはずだ、せっかく自分で稼いだお金なのだから」
と、感じることが少なくありません。

 

もちろん、本人さんの実際の行動に問題がある場合や、ご家族の方との決め事である等、さまざまな理由があることを想像します。

それでもやはり、
「自分で働いて得たお金は、自分の判断で使い道を決める。」
ということが、民主主義の原則ではないでしょうか?

 

『隠れたカリキュラム』という学校用語があります。これは、どこにも教える内容は書かれていないにも関わらず、教師が気づかないままいつのまにか教えてしまっている内容を指します。

例えば、
男子の色は黒、女子の色は赤
背の順で整列する
等は、どこにも規則としては書いてありませんが、慣習的に当たり前になっています。

 

私たちは、お金の教育以前に、どうやったら特別な支援を必要とする方が、自分らしく生き生きと暮らすことができるかを考えています。

そして、
「当たり前を疑う」ことをとても大切にしています。

第1回 信は力なり ~学校でお金の教育を(1)~

第2回 隠れたカリキュラム 〜学校にお金の教育を(2)〜

第3回 自慢の教え子 ~学校にお金の授業を(3)~

仲田毅のプロフィールはこちら

-役員ブログ
-, , , ,

Copyright© お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.