〒600-8127 京都市下京区梅湊町21-13 ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動センター内 No.85

お金で学ぶさんすう®

~お金を知ることは、より良く生きること~

笑顔いっぱい、豊かな暮らし

散髪する子の写真

子どもの教育

「予算分け」が出来たとしても・・・

投稿日:

お金のやりくりでは、「必要なもの」と「楽しみなもの」を分けて管理します。
予算を守ってお金を使えて、特に使い込みをしなくても安心とは言えません。

 

うちの子は、欲しいものを買うためのおこづかいはもちろん、
自分の身の回りに必要なお金も全て管理しています。
散髪代も自分で管理しています。

 

髪の毛が伸び放題になり、「散髪に行っておいで~!!」と言ってもなかなか行ってくれません。
「お金はある?」と聞くと、きちんと予算は確保してあります。
でも行ってくれない~!!
見るに見かねて強制連行!!という状態が続いていました。

 

発達障害の子で、散髪が苦手な子がいるお話はよく聞きます。
うちの子もそのタイプです。今は大丈夫ですが、昔は本当に大変でした。
とにかく早く終わる事が最も大切!!
そのため髪型は丸刈りと決まってます(笑)

 

いつも行くお店であっても、
根底には散髪に対する恐怖心が根強く残っていた
というのもの行けない理由の1つだったかもしれません。

 

根気良くサポートするうちに自転車で1人で散髪に行くようになり、
1度成功するとそれで自信がついたのか、
「そろそろ行った方が良いんじゃない?」と言うと、
行ってくれるようになりました。
最近では、こちらが言わなくても
「もう少し伸びたら行く」と自分で判断をしているようです。

 

丸刈り!!と決まっているのは相変わらずですが(笑)
ちゃんと切ってくれるなら何でもいいです~(笑)

 

お金をきちんと振り分けていれば、管理が出来ているので安心、というわけではありません。
おこづかいと生活費のギャップでもお伝えしましたが、
買い物に慣れないと、結局は買えないままです。

 

あとは、服がどの程度傷んで来たら買い替えるかなど、
その支出の必要性の理解を促すことも大切だと思います。

 

発達障害の子は、特に「普通理解できるでしょ!!」ということを
1つひとつ丁寧に教えて身に付ける必要がある子が多いと思います。
やってみないと分からないです・・・。

 

怒ったりすると、トラウマにもなりやすいので、
楽しい雰囲気の中で、小さく成功体験を積み上げることが最も大切です。

-子どもの教育
-, , , , , ,

Copyright© お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.