〒600-8127 京都市下京区梅湊町21-13 ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動センター内 No.85

お金で学ぶさんすう®

~お金を知ることは、より良く生きること~

笑顔いっぱい、豊かな暮らし

親子の会話

子どもの教育

ズレまくる会話の原因

投稿日:

「ホント人それぞれ脳内って違うなぁ・・・」
実感するのが、発達障害生との会話のときです。

 

「お母さんは、いつもきちんと質問に答えてくれない」
と言われるのですが、
私としては、きちんと質問に答えているつもりなんです。

 

それがしょっちゅう生じるので
まぁ会話のスレ違うこと、スレ違うこと(笑)

 

お互い、脳内での処理構造が違う!!
としか言いようが無いと思います。

 

発達障害生が話すとき、質問するときはこんなイメージ。
どこまでも直球&ストレート、そしてシンプル。

会話のイメージ1

 

私が話すとき、質問するときはこんなイメージ。
延々にひろがりつづける・・・・。
でも、自分の中では頂点(質問)との関連のある話だと思って話しています。
話が盛り上がると、「そもそも何の話やったっけ??」
と、いうこともしばしばですが(笑)

会話のイメージ2

 

子どもの立場に立ってみれば、
延々にひろがり続けた中から
当初の質問の答えを見つけだすのが至難のわざ!!

 

・・・というわけですね。

 

直球ストレーート&シンプルな伝え方だからこそ
的確かつ理論的にきちんと説明できる特性もあると思います。

 

どこまでも話が広がり続けるからこそ
誰もが思いつかないようなアイデアが浮かんだり、
色々な人に気配りが出来る特性もあると思います。

 

どちらが良い、悪いではなく
「そういう特性なんだな」と把握して
お互いを思いやる気持ちや
違いを楽しむぐらいの心のゆとりがないと
けっこうなストレスになると思います。

 

人間は、1人ひとり違うからこそ面白い✨

 

 

 

-子どもの教育
-, ,

Copyright© お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.