〒600-8127 京都市下京区梅湊町21-13 ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動センター内 No.85

お金で学ぶさんすう®

~お金を知ることは、より良く生きること~
学習は繰り返し。学校でお金の教育を!
ニーナさん表彰式の写真

役員ブログ

つながるご縁

投稿日:

早速やります!!京の公共人材大賞で最優秀賞を受賞された、パルヨンのニーナさんとコラボ!!

 

京の公共人材大賞の最終選考者名簿見て・・・。ニーナさん見つけたとき思いました。
「めっちゃ強豪やん💦💦💦」って・・・(笑)
ニーナさん、最優秀賞おめでとうございます✨
さすが過ぎます!!素直にめっちゃめちゃ嬉しいです~!!
あ~!!一緒に写真撮れば良かった~!!
ニーナさんもおっしゃっていましたが、「京の公共人材」という名前でありながら、フィンランド人であるニーナさんが最優秀賞ってめっちゃステキです✨

 

パルヨンさんは、京都市市民活動センターのスモールオフィスのセンパイです。
そして、席はお金で学ぶさんすうの真後ろ。
めっちゃ仲良くしていただいていました♥♥♥

 

お席にいらっしゃらない時、場所をちょこっと(勝手に)拝借しては、戻って来られて「キャー!!ゴメンなさい💦💦」という事がよくありましたね。便利なんでついつい(笑)うち、教材多いんで・・・(笑)

 

外国人向けには、観光や日本の文化の案内を多言語に翻訳したものはあるけれど、生活のことを翻訳したものや、分かりやすい日本語にしたものが無い!!

・・・というので、そこをサポートする教材を作られたり、日本で生活する外国人同士が交流できる場を提供されています。

 

ご活動内容は知っていましたが、改めてパンフレットや教材を拝見して「これ、めっちゃ必要やん!!」と思いました。
困っている人、たくさんいるに決まってます!!
京都では明らかに「住んでるんだな」という外国人の人はたくさん見かけます。うちの子が通ってた学校でも、学年に1人は必ず外国人なりハーフの子がいました。帰国子女にも必要じゃないでしょうか?

生活英語パンフの写真

何よりも、これこそ生きた英語ですよね!!
普段に使えるじゃないですか~!!外国に行かなくてもここ日本で!!!
英語を使うときって外国に行く前提ばっかりじゃないです。
ホンモノの英語が身に付く一番の近道って、こういう会話だと思います。
生活がベースです。

 

でも、母国語が英語とは限りません。
そういう時はやさしい日本語が必要だそうです。
特別支援の世界でもそうですが、「やさしい=子ども向け」ではありません!!
それを見事に教材にされていると思います。
冊子はご近所さんであろう日本人向けにも作られています。

パルヨン冊子目次

 

パルヨンさんも、お金で学ぶさんすう®も、
主に「生活」に目を向けた活動をしています。
これから先、さらに一緒に活動出来そうな事が増える予感です。

 

特別支援の世界にはハーフの子や外国人の子が多いんです。
言葉が通じなくて、通常学級で対応出来ないから特別支援みたいな感じです。

 

この冊子ですが、パルヨンさんのホームページで無料公開されています。
ぜひ、必要な方に届けて下さい!!
「ここ、必要だと思うよ」という情報があればぜひ連絡ください。

 

生活ガイドブックweb版「となりの外国人とのお付き合い」

個人的には、学校で配布されるとすごく良いんじゃないかと思っています。
そういうツテがあるよ!!というご連絡もお待ちしてま~す!!
パルヨンさんでも、お金で学ぶさんすうでも、どちらに連絡してもらってもOKです。
「冊子送って欲しい」という方もご連絡くださいね。

 

私達も、来年3月で京都市市民活動センターのスモールオフィスは退去しなければなりません。
センパイと一緒にコラボさせていただくことで、学ばせていただくと同時にお互いの活動が広がれば・・・と思っています。
足引っ張らないように頑張ります!!

 

ぜひ、ご連絡お待ちしております。
以下のボタンのお問合せ先で「その他」を選んでください!!

-役員ブログ
-, , , , , ,

Copyright© お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.