〒600-8127 京都市下京区梅湊町83-1  ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動総合センター内

NPO法人 お金で学ぶさんすう®

~お金のバリアフリーをデザインします~

お蕎麦屋さんの写真

役員ブログ

なぜあの店は流行るのか?

投稿日:

自宅の近くには、
時間帯を問わずいつも流行っているお蕎麦屋さんがあります。

 

とにかく流行ってる!!
いつでも流行ってる!!
コロナなんて関係無く、持ち帰りでも流行ってる!!

 

何で~????

 

ネットで調べたところ、
お蕎麦屋さんだけど、喫茶店みたいにコーヒーも飲めるとのこと。
でも、それだけでは流行る理由は分かりません。
なので一度お店に行こう!!という事になりました。

 

「お蕎麦屋さん」ののれんをくぐると、
昭和レトロな喫茶店という衝撃!!(笑)
メニューにもお蕎麦は無い・・・。
何で???

 

お店の方に聞くと、お蕎麦は11時からだと言われ、
とりあえずモーニングを頼みました。

ホットケーキの写真ホットケーキ頼んじゃいました(笑)

 

せっかくだからお蕎麦も食べたい!!
と思い、そのまま店内で11時になるのを待ちました(笑)
11時になると、違う部屋のドアが開けられ、
お蕎麦屋さんの雰囲気が漂う座敷が出現!!

 

楽し過ぎる!!!(笑)

 

そして、11時になると店主の奥さんであろう
明るくて気の良さそうなおばちゃんがご出勤されました。
必要なことしかしゃべってないのに、
すごく親しみやすさを感じるおばちゃんです。

 

お店の雰囲気を一言で表すならば「安心感」です。
すっごく居心地が良いです。

 

店内には、ほとんどお客さんはいないのに、
品物が出て来るのはゆっくりです。
しかも注文した後に「お聞きしてましたかね?」と
違うスタッフさんが入れ替わり(?)注文を受けに来て下さったり
品物を出すテーブルもわりと間違えらたりします(笑)

 

同じ出来事が起こると、
一般的には「遅いな~」とか
「この店、大丈夫??」と言っちゃいそうですが
なぜか、そんな気持ちにはならない雰囲気があります。
話題になった「注文を間違える料理店」を思い出すぐらい
安心感と明るさが漂う感じです。

 

お料理がおいしいのは大前提で
その上で店主さんと奥さんのお人柄が
この安心感や「また来たい」と思う雰囲気を作り出しているんだろうな~と思いました。

 

お蕎麦がおいしいのはもちろんなのですが、脇役がステキです!!
「このお漬物も梅干しも、あのおばちゃんが漬けたんだろうな」
「この煮物、あのおばちゃんが炊いたんだろうな」
と、家庭的な雰囲気があふれています。

 

要するに喫茶店とお蕎麦屋さんのドッキングなんですが、
それが何十年も前から実施されていたとなれば、
かなり斬新だったと思います。

 

「こりゃ、流行るわな~・・・」
と言いながら、色々納得してお店を後にしました。

 

現在、私達は新拠点を探しているところですが
自宅近くで、とても良いお手本になるお店に出会えました。

-役員ブログ

Copyright© NPO法人 お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.