〒600-8127 京都市下京区梅湊町21-13 ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動センター内 No.85

お金で学ぶさんすう®

~お金を知ることは、より良く生きること~
お金の教育を学校に!
レジャーの画像

子どもの教育

お子さんとともに成長するお金の管理方法(発達障害児のプチ家計管理までの道のり)⑥

投稿日:

お金で学ぶさんすう®では
おこづかいで少しずつ生活費を支払うことをオススメしています。

 

お子さんが成長され、できることも行動範囲もひろがると
1回のお出かけで様々な費目が混在するようになってきます。
たとえば、友達と遊びに行くならば
「昼食代」「交通費」「お菓子代」などです。

 

そのような場合には、
「友人との交遊費(昼食、交通費、予備費等、全て含む)」
のように、行動別への管理に切り替えると管理がラクになります。

 

特別支援の子ども達は、概念の理解が苦手な子が多いです。
おこづかいから家計管理まで丁寧に導いてあげましょう。

 

どうしてもアバウトが許せないタイプの人もいます(笑)
それならば「複式簿記」で記帳すると便利です。
今はソフトやアプリで知識が無くてもカンタンに記帳できます。

 

ちなみに商業高校出身の私は、
複式簿記で家計管理しています。
貯金の積立、取崩がスッキリ管理できるので気に入ってます!!
(個人的な趣味です)

-子どもの教育
-, , , , ,

Copyright© お金で学ぶさんすう® , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.