1. HOME
  2. ブログ
  3. 3つの得意感覚に寄り添う

3つの得意感覚に寄り添う

騒音のイラスト

特別支援教育にたずさわっていると
視覚過敏、聴覚過敏、感覚過敏など、
3つの外的刺激からの配慮を考える場面があります。

 

同じような感覚で、
物事を習得するときにも
・目で見て覚えるタイプ
・耳で聞いて覚えるタイプ
・体で覚えるタイプ
のどれが得意そうかを意識すると、スッと意図が伝わったり
自分とは異なる感覚を持っていることに感動したりします。

 

「体で覚えるタイプ」のうちの子は、
導線の整え方が上手で、
服は流れに沿って着替えられるようにしてあります。
洗濯物はピシッとキレイに干すので積極的に頼んでいますし
食器も磨き上げる感じで洗ってくれます。

 

習得には通常の3倍以上の時間がかかりますが
繰り返せばだんだん短時間で出来ます。
「テキトーでいいやん!!」が通用しないので
慣れても時間はかかりますが、
作業の美しさは人一倍です。

 

「自分とは違う感覚なんだ」
と判断するための指標があることで
個性を受け入れやすくなったり
自分には無い感覚の持ち主だからこそ
その人を頼ろうと思えるようになります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事