1. HOME
  2. ブログ
  3. ②知的障害のある高校生が1人で調理できるための授業(高知大学教育学部付属特別支援学校/安岡知美先生のご実践)

②知的障害のある高校生が1人で調理できるための授業(高知大学教育学部付属特別支援学校/安岡知美先生のご実践)

家庭科通信の写真

調理力向上には、ご家庭の協力が欠かせません。

 

そのために安岡先生は「マイクッキング」という家庭科通信を発行して
授業の内容や生徒の様子を保護者に伝えてらっしゃいます。
教科として発行される定期的な通信は珍しいのではないでしょうか。

 

その中で紹介されている
「自立への第一歩」がとても印象的です。

 

まずは
「お茶を自分の水筒に入れることから」
「お弁当箱にごはんを詰めるところから」
と、マイクッキングには繰り返し記載されています。

 

大きな成果も
とても小さな一歩から始まっていることを
改めて教えていただいています。

 

①1人で調理から後片付けが出来るまでの授業工夫①/高知大学教育学部付属特別支援学校/安岡知美先生のご実践)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事