子どもの教育

ご家庭でのおこづかい実践事例

投稿日:

おこづかいをご家庭で取り入れると
お子さんの生きる力がとても上がります。

 

おこづかいで「報酬制」を実践されているご家庭の保護者から
ご家庭で取り組んでらっしゃる様子の
掲載のご許可をいただきました。

================

昨日は仕事納めでした。
合わせて子達も仕事納め😊

こづかい袋

うちは子達にお小遣い制ではなく自分達でお手伝いをして報酬を得る制。
社会に出たらお小遣いなんてもらえないもんね。
ただ自分達の目的を達成しそうな頃からお手伝いのやる気もダウンしてるみたい⤵️
目標設定って大事なようです。

一年お疲れ様でした😊

============

お写真もご提供下さりありがとうございます!

 

お料理をされているご様子を拝見することもありますし、
遊びに出かけられる際にも、
「交通費」、「食事代」、「遊ぶお金」に分けることを
お子さんご自身で管理して使う形で
取り組んでらっしゃるようです。

 

家事も、やってみて初めて
「名もなき家事」に気づくことが出来たり
お金の管理も、やってみて初めて
「こんな所にもお金は必要なんだ」
と気づくことができます。

 

それが必要なことだと理解し、根付くには
たくさん繰り返す必要があります。
子どもの時から取り組むのがオススメです。

-子どもの教育
-, , ,

Copyright© NPO法人 お金で学ぶさんすう®  お金を知ることはよりよく生きること , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.