1. HOME
  2. ブログ
  3. 現金を教材として使用するメリット

現金を教材として使用するメリット

お金の勉強の写真

現金は数や計算の理解促進につながります。
もう少し言えば、実生活で必要な数や計算の理解促進につながります。
ただし、プリント学習は進まないままの場合もあります。

 

プリントで計算は出来なくても
現金を使って買い物はできる、という事例や
現金を教材として使用することで
1ケタの計算しかできなかった子が
3ケタ、4ケタの計算ができるようになったという事例があります。

 

なぜそのような事が可能なのでしょうか?

 

ズバリ「物」だからです。
手に取ることができて、社会で使える『物』であることが
理解促進の最大の理由でありメリットです。

 

数そのものは抽象的な概念ですが、
現金はその概念を具現化しています。
生活必需品だからこそ、繰り返し使うことで学びの機会を増やせます。

 

特別支援の子ども達の中には
模擬貨幣とホンモノの貨幣を別物ととらえる子もいるため
現金を使用した方が近道な場合もあります。

 

理解促進につながり
社会でもそのまま使えて
生活力にも直結しているならば
現金を教材にすれば一石二鳥です!!

 

特別支援教育だからこそ可能な教育方法かもしれません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事