役員ブログ

予算オーバを防ぐ視覚支援

更新日:

現金払いであろうと、カード払いであろうと
お金を使う上で守るべきルールは、
所持金の範囲内で買い物をすることです。

 

現金の場合、500円、1000円など、
キリの良い金種の範囲内で購入できるものは何か?
の計算が出来るようになることが大切です。

 

もしも電子マネーならば便利なアプリがあります。
apple watchがあればリアルタイムで視覚化できます。
レジを通過する前に確認できるので安心です。

【かえるかな】
https://apps.apple.com/app/id1516098548?fbclid=IwAR3NPh0vrNHTQzYRsun5p14xXdG1mH8xZOVJ6BKu-uSjNwB3IM7jkShaIiI

【ICカードヘルパー】
https://apps.apple.com/jp/app/ic%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC/id1510216273

 

身近なものではExcelなどの表計算ソフトがオススメです。
電卓では、数字だけの比較や判断が出来るなければならないので
表計算ソフトの方がオススメです。

 

便利なツールが次々と開発され
数の概念の理解が出来ていなくても
買い物ができるようになりました。

 

便利な道具はあっという間にひろがります。
同時に危険性も広がりますが
一度便利さを覚えたら、なかなか元には戻れないです。
だからこそ、今の時代に適応した
支援グッズも積極的に使用するのは良いことですね。

 

「暮らしを豊かにする」という視点を忘れず
時代にも適応した上で
生活者本人が楽しく笑顔で暮らせるには
どのようなことを身に付ける必要があるのか
意識する必要があります。

-役員ブログ

Copyright© NPO法人 お金で学ぶさんすう®  お金を知ることはよりよく生きること , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.