1. HOME
  2. ブログ
  3. 支援学校高等部の先生とお金の授業計画の打ち合わせをしました

支援学校高等部の先生とお金の授業計画の打ち合わせをしました

hoccoお菓子の写真

高知大学教育学部附属特別支援学校高等部の安岡先生と
今年度の授業の打ち合わせをしました。

1年生、2年生、3年生、それぞれの生徒さんの様子をおうかがいして
授業を組み立て、教材を作成します。
昨年度は、先生が授業で使用されるパワーポイントの作成も実施しました。
先生がすぐに授業できるよう、全面的にバックアップしています。

1年間のカキュラムだけではなく
高校3年間を通して身に付ける力を
ひとりひとり、カスタマイズしながら構築します。
現場の先生との綿密な打ち合わせが必要です。

昨年度、お金の授業を受けた今年度3年生になった生徒さんは、
「次はいつお金の授業するの?」と、楽しみにして下さっているようです。

また、昨年度に学校でお金の授業を受けて
この4月から社会人となった卒業生さんは
自分の夢をかなえるために貯金をしているとのこと。
「初任給を全額使ってしまうのでは?」
と、気にかけてらっしゃった生徒さんも
貯金をしていることを学校にも報告されているらしく
先生方からお喜びの声をいただいています。

大変なお仕事ではありますが、
現場の先生が継続的にお金の授業を実施してくださることの効果は絶大です。
お喜びの声、生徒さんの成長が嬉しくて嬉しくて
大変さよりも「もっと作らせてください!!」
という気持ちがおさえられません。

お金を適切に使う力は安心な社会人生活の第一歩です。
安心して社会に出て、楽しい人生を送るお手伝いが出来れば嬉しいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事