〒600-8127 京都市下京区梅湊町83-1  ひと・まち交流館京都2F京都市市民活動総合センター内

NPO法人 お金で学ぶさんすう®

~お金のバリアフリーをデザインします~

お金

国際交流の画像

発達障害×外国にルーツをもつ子どもたち

国立障害者リハビリテーションセンターのセミナーを受講しました。 お金で学ぶさんすう®の理事である ハッカライネン ニーナさんに 「ぜひ受講していただきたいです!!」 と言われて受講しました。 &nbs ...

授業準備の様子の写真

何で赤字でも平気なの?

「わ~。今月赤字だわ~。節約しなきゃ~・・・」 「・・・・」 ・・・   その時は真剣に考えるけど そのうち何となく忘れるってことないですか?   ダイエットと似ていると思います。 ...

レシピの解説写真

一般レシピのあいまいな表現を分かりやすくするには?

「きつね色」、「しんなり」など、 市販の料理本やネットレシピの表現は 特別支援の児童生徒には分かりづらいです。   安岡先生の使用されているレシピは それらのあいまいさを廃除し、 生徒さんに ...

おつりの画像

少し多めにお金を払う練習の方法

キャッシュレスが加速していますが 世の中全体で見れば現金の登場場面は多く 学習する必要が無くなったわけではありません。   「ぴったり」を把握している前提で 次は多めに払っておつりをもらう練 ...

両替のイラスト

両替の学習は必要?

2020/10/17    , , ,

キャッシュレスが生活の中心ならば 間違いなく不要だと思いますが 現金が中心の方もまだまだいらっしゃいます。   たとえば 100円玉が5枚で500円。 500円玉が1枚でも500円。 &nb ...

金種のイラスト

お金の読み方は必要?

お金も含めて、数字の読み方は難しいです。 100円を「いちひゃくえん」と読んだり 300円を「さんひゃくえん」と読んだりします。   このままの読み方でも、 生活する上では特に問題はありませ ...

CF画像

算数・数学ってこういう所で必要だったんだ!と気付いたのがお金の学習でした。

住山です。 私は子育てしながら ファイナンシャル・プランナー資格取得の勉強をしつつ、 京都市教育委員会の生き方探究館で お金の学習補助のボランティアをしていました。   資格を取得する中で一 ...

散髪の画像

お金を使おうとしない時は?(発達障害児のプチ家計管理までの道のり)③

特に欲しいものが無く、 おこづかいを貯め込むばかりの事もあります。   そんな時は「必要なもの」の管理範囲を増やすと効果的です。 服を買う、髪を切るなど 自分の身の回りに直結するものから増や ...

駄々をこねる画像

おこづかいの使い込みは学びのチャンス(発達障害児のプチ家計管理までの道のり)②

使い込みをした時こそ ルールを守る大切さを学ぶチャンスです。   ルールを守る大切さを理解するには、 知識ではなく経験が必要です。 きちんとルールを説明して 最初におこづかいを袋分けしている ...

駄菓子屋さんの写真

初めてのおこづかいはいくら?(発達障害児のプチ家計管理までの道のり)①

おこづかいの額は、 まず「何を本人に購入させるか」を決めます。 その時に「必要なもの」と「楽しみなもの」の 両方を含めます。   小学生ぐらいであれば文房具代、お菓子代が一般的です。 私の子 ...

Copyright© NPO法人 お金で学ぶさんすう® , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.