【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

講師養成講座

共通する願い

□□・1人ひとりの暮らす力、

□□□心地よく生きる力を育みたい

□□□(教員)

 

□□・まずは生活力を身につけてほしい

□□□(保護者)

 

□□・頭のやわらかいこどもの時から、

□□□特に、お金のことを

□□□身につけてほしい

□□□(支援者)

 

□□・実際の生活場面に即しながら、

□□□繰り返し学習することにより、

□□□必要な知識や技能等を

□□□身につけられるようにする

□□□継続的、段階的な指導が重要となる

□□□(特別支援学校学習指導要領解説

□□□□各教科等編より抜粋)

 

 

□□教員、保護者、支援者、

□□そして学習指導要領…

□□目指している方向は

□□同じではないでしょうか?

 

□□それぞれの役割は異なっていても

□□こども達の将来が

□□豊かで幸せであることを願い、

□□日々、試行錯誤を重ねて

□□こども達と向き合っていることは

□□共通しています。

 

 

講座から得られるもの

□□・自分の価値観を明確にし、

□□□心豊かにお金を使う考え方を

□□□教えられる

 

□□・お金のやりくりとお金の計算が

□□□違うことを説明できる

 

□□・障がいのあるこども達に

□□□自信をもって

□□□接することができる

 

□□・お金の授業・講座を開催できる

 

□□・知識を

□□□暮らしに活かす形で

□□□ひとに伝えられる

 

□□・ともに学びあう仲間が増える

 

 

どうして勉強するの?

□□・『将来必要だから。
□□□□今役立つから。』

 

□□・『可能性を広げてあげたい。』

 

 

□□これらの言葉は

□□こども達に届かないことがあります。

 

□□どうすれば、こども達に
□□勉強の必要性を
□□感じてもらえるのでしょう?

 

□□どうすれば、こども達に
□□勉強の楽しさを
□□感じてもらえるのでしょう?

 

 

□□私達大人は、
□□仕事や日々の生活を通して
□□『こどもの時、
□□□もっと勉強しておけばよかった。』
□□と感じることがあります。

 

□□生活に直接、役立たなくても、
□□学び続えた先に
□□知的好奇心が満たされる
□□楽しみを知っています。

 

□□しかし
□□こども達にとって
□□「将来」や「その先」は
□□想像の世界です。

 

□□障がいのあるこども達のなかには
□□未来を想像しづらい こども達も
□□います。
□□必要性や楽しさを発見するまでに
□□疲れ果てる可能性があります。

 

 

□□『将来必要だから。』は
□□『働くために必要だから。』
□□という意味で
□□使われることが多いようです。

 

□□「一生涯」という視点で考えた場合、
□□働くことは期間限定です。

 

□□生活することは
□□命が芽生えた瞬間から尽きる瞬間まで
□□続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□□生活スキルは、一生涯のスキルです。
□□働く力は
□□生活スキルを基礎に 築かれます。

 

□□こども達にとって生活とは、

□□毎日繰り返し体験することです。

□□ならば、

□□生活を活用すれば、

□□自然に

□□繰り返し学習をすることにもなり、

□□プリントに時間を割かなくても、

□□コミュニケーションを取りながら

□□学ぶことができるのでは

□□ないでしょうか。

 

 

□□身につけた知識を、

□□日常生活のなかで

□□意識して使うことで

□□『なぜ勉強しなければならないの?』

□□という疑問は

□□『勉強したら役立つ。

□□□勉強したら便利になる。』に

□□変わるのではないでしょうか。

 

□□以下は

□□実際にこども達が書いてくれた

□□感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きる力を育みます

□□・『生まれ育った この街で
□□□□幼い頃から知る人々に見守られ
□□□□暮らしてほしい。』

 

□□・『少しでいいから
□□□□人間らしく 豊かに
□□□□暮らしてほしい。』

 

 

□□保護者の願いは切実です。

 

□□私達の教育プログラムは

□□その願いに応えます。

□□教材はお金と料理です。

□□「暮らしベースの繰り返し学習」で、

□□生きる力と活きた知識を養います。

 

□□本物で繰り返し学習する

□□このプログラムは

□□地域の皆さんにご協力いただいて

□□成り立っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□□小さな時から、

□□繰り返し何度も同じお店を訪れ、

□□ご協力を得ることで

□□顔も覚えてもらえます。

□□声をかけてもらえるようにも

□□なります。

□□暮らしの安心を

□□つくりだすことができます。

 

□□本物の体験だからこそ、

□□こども達も真剣です。

□□真剣に取り組むからこそ、

□□大きな達成感を得られます。

□□大きな達成感は、

□□本物の喜び、楽しみに

□□つながるのではないでしょうか。

 

 

食べ物とお金は似ています

□□たとえば 私達は

□□『こども達を食べさせるために、

□□□がんばって働こう。』

□□などと言うことがあります。

□□ここで使っている「食べさせる」は

□□生活すること そのものを指し、

□□生活するためのお金のことも

□□表しています。

 

□□このように

□□お金や仕事を

□□「食べる」と表現するほど、

□□食べ物とお金は

□□似た要素を持っています。

 

 

お金の教育は心の教育です

□□お金の計算とお金のやりくりは

□□異なります。

□□お金をやりくりするうえで

□□確かに、

□□計算力も必要です。

□□しかし、

□□それ以上に必要なのは

□□心のコントロールです。

 

□□お金と心は

□□密接に関わっています。

 

□□お金の教育を行ううえで

□□もっとも重要なのは、

□□こども達の価値観を

□□尊重することです。

□□もっと言えば、

□□こども達のお金の使い方に

□□口出ししないことです。

 

□□お金に対する価値観は

□□無意識に表れます。

□□口出ししないようにするために、

□□まずは大人が

□□自分の価値観を明確にする

□□必要があります。

 

□□お金の教育は心の教育です。

 

□□こども達の明るい未来を
□□私達とともに つくりませんか?

 

 

カリキュラム

□□1重度 知的障がい児、

□□ 低年齢 知的障がい児への

□□ お金の指導方法

□□□・現金の練習をスタートする目安

□□□・0を獲得する方法

□□□・位取りを理解し、練習する方法

□□□・買い物が予算内であるかどうかを

□□□□視覚化する方法

□□□□(実用新案権 取得)

□□□・おつりの枚数を少なく支払う方法

□□□□(実用新案権 取得)

□□□・地域と連携する方法

 

□□2障がいのあるこども達に対する

□□ 支援の基本

□□□・こども達のつまづきと

□□□ 支援者の悩み

□□□・学校で習う知識と生活で使う知識

□□□ との間の隔たり

□□□・計算できても、

□□□ お金をやりくりできない理由

□□□・食べ物とお金の類似点

□□□・生きる力を育むために必要なこと

 

□□3価値観を尊重した教育の基本

□□□・人間はどのように記憶するか

□□□・人間の5感覚要素

□□□・相手を観察する

□□□□相手の気持ちを想像する

□□□・相手と自分の違いを意識する

□□□・自分の価値観を明確にする

□□□・こども達の価値観を尊重する

□□□・自立へ導くために必要なこと

 

□□4生き方につながる算数の学び方

□□□・おこづかいの管理

□□□ ー考え方・指導方法

□□□・暮らしのなかで

□□□ 数や計算を体験する

□□□・文章問題を練習する方法

 

□□5お金をやりくりする基本

□□□・支援現場で直面する課題と

□□□ その対処方法

□□□・家計管理のスモールステップ

□□□・お金の知識を教科学習につなげる

 

□□6調理実習

□□ ー現金指導・買い物トレーニング・

□□  料理教室

□□□・料理(食べ物)とお金は似ている

□□□・料理を教科学習につなげる

□□□・料理のスモールステップ

□□□・こども達の自信を育むために

□□□ 必要なこと

 

 

教材

□□1テキスト

□□□・『料理と買い物で学ぶ

□□□  数・計算、教科学習』

□□□・『料理レシピ集』

□□□ (指導ポイント解説つき)

 

□□2ツール

□□□・現金支払サポート台紙

□□□ (ステップ1)

□□□・現金支払サポート台紙

□□□ (ステップ2)

□□□・コインケース 1個

□□□・コインホーム 1個

□□□・コイントレイ 1個

□□□・5のお金 練習教材 1セット

□□□・ホワイトボードペン 1個

□□□□(イレイサーつき)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□□3アプリ

□□□・現金トレーニング
□□□ アプリ     1個

□□□・おつりの枚数を

□□□ 少なく払えるよう、

□□□ 支援するアプリ 1個

□□□・予算内の買い物判断を

□□□ 支援するアプリ 1個

 

□□□□*開発の過程で

□□□□ アプリが統合され、

□□□□□3つのアプリが

□□□□□2つになる可能性が

□□□□□ありますが、

□□□□□内容に変わりはありません。

 

 

特典

□□1一年間サポートします

□□□・zoom、メール、電話、対面等

□□□□*1回60分、月3回まで

 

□□2訪問指導を優待価格でご提供します

□□□・指導60分・フィードバック60分

□□□・お子さんへの直接指導 可

□□□・21,600円(通常価格)

□□□ ⇒15,000円(優待価格)

□□□□*出張費込・交通費別途

 

□□3コミュニティ(SNSグループ)に

□□ ご招待します

□□□・ともに学びあう仲間!!と

□□□ 出会えます

□□□・質問無制限

 

□□4お金で学ぶさんすう®

□□ 主催セミナーに

□□□優待価格で参加できます

 

 

参加費

□□1調理実習 あり

□□□・月払い□□□18,000円(税込)

□□□        ×12回

□□□・一括払い 216,000円(税込)

 

□□2調理実習 なし

□□□・月払い□□□16,200円(税込)

□□□        ×12回

□□□・一括払い 194,400円(税込)

 

 

お申し込み・お問い合わせ