【お金で学ぶさんすう®】京都のFPによる、 障がいのある子専門のお金の教室です。 お金と料理を教材に学び合い 生きる力と豊かな心を育みます。
*

講師養成講座

 

●1人ひとりの暮らす力、心地よく生きる力を育みたい(教員)

●まずは生活力を身に付けて欲しい(保護者)

●頭のやわらかい子どもの時から、特にお金の事をきちんと身に付けて欲しい(支援者)

●実際の生活場面に即しながら、繰り返して学習することにより、
必要な知識や技能等を身に付けられるようにする
継続的、段階的な指導が重要となる(特別支援学校学習指導要領解説各教科等編より抜粋)

 

教員も、保護者も、支援者も、そして学習指導要領も・・・。

目指す方向は同じなのではないでしょうか?

 

それぞれの役割は異なるかもしれません。

しかし、こども達の将来が豊かで幸せになる事を願い、

日々試行錯誤しながらも子ども達と向き合い続けている事は、

共通しているのでは無いでしょうか?

 

この講座を受講することで得られるもの学べること

●価値観を明確にし、心豊かなお金の使い方、考え方を身に付けることができる

●お金のやりくりと、お金の計算の違いを明確にできる

●障がいのあるこども達への接し方、支援に対する心構えを身に付けることができる

●お金の授業や講座を開催できる

●生活に即した、実践的な学びを世の中に普及させることができる

●ともに学び合う仲間ができる

●自分自身の人生が、心豊かで幸せになる

 

なぜ勉強しなければならないの?

「将来必要だから、今役立つから」

「可能性を広げてあげたい」

 

これらの言葉は、大人がこども達の幸せを願って発するものにもかかわらず、

こども達には届きにくいと感じる事があります。

 

どうすれば、こども達に勉強の必要性を感じてもらえるのでしょう?

どうすれば、こども達に勉強の楽しさを感じてもらえるのでしょう?

 

私達大人は、仕事や日々の生活を通して「こどもの時もっと勉強しておけば良かった」

と感じる事があります。

生活に直接役立たなくても、

勉強したその先にある知的好奇心を満たす楽しさを知っています。

 

しかしこども達にとって「将来」や「その先」は想像の世界です。

特別支援のこども達の中には「想像すること」が苦手な子もいます。

必要性や楽しさを発見する前に、疲れ果てる可能性もあります。

 

また、「将来役立つ」という言葉は「将来働いて収入を得る」という意味で使われる事が多いようです。

しかし「一生涯」という視点で物事をとらえた時、

働く期間は人生においては期間限定です。

 

 

しかし、「生活すること」は、命が芽生えたその瞬間から、その命が尽きるまで一生涯続きます。

生活スキルは、一生涯のスキルです。

また、働く力も生活スキルがきちんと身に付けてこそ成り立ちます。

 

こども達にとって「生活すること」は、毎日繰り返し体験することです。

ならば、その日常生活を活用すれば、自然な繰り返し学習にもなり

プリントに時間を割くことなく、

コミュニケーションを取ながら学ぶ事が出来るのではないでしょうか。

 

 

身に付けた知識を、日常生活の中で意識的に使うことで

「なぜ勉強しなければならないの?」という疑問が

「勉強したら役立つ、勉強したら便利になる」に変わるのではないでしょうか。

 

以下は実際にこども達が書いてくれた感想です。

 

 

地域と協力しながら、こども達の生きる力を育みませんか?

「生まれ育ったこの地域で、地域の方に見守っていただいて暮らしてほしい」

「少しでも良いから、人間らしい豊かな暮らしを実現させあげたい」

 

保護者の願いは切実です。

この学習プログラムは生活力を身に付ける事を第 1目標に置いた教育プログラムです。

教材は「お金」と「お料理」です。

「暮らしベースの繰り返し学習」で、生きる力と活きた知識を養います。

 

想像することが苦手なゆえに、本物でないと難しいお子さんもいます。

本物の繰り返し体験を大切にしているプログラムは、地域の皆さんのご協力が必要不可欠です。

 

 

小さな時から、繰り返し何度も同じお店を訪れ、

ご協力を得ることで顔も覚えてもらえます。

声をかけてもらえるようにもなります。

暮らしの安心を作り出す事ができます。

 

本物の体験だからこそ、こども達も真剣です。

真剣に取り組むからこそ、大きな達成感を得られます。

大きな達成感は、本物の喜び、楽しみにつながるのではないでしょうか。

 

お金のやりくりと食べ物は似ています

たとえば私達は「こども達を食べさせるために頑張って働こう」などの言葉を使ったりします。

ここで使っている「食べさせる」とは、生活する事そのものを指し、

生活するためのお金を表した表現でもあります。

 

このように、お金や仕事を「食べる」と表現するほどに、お金と食べ物は似た要素を持っています。

しかし、お金の計算とお金のやりくりは異なるものです。

お金をやりくりする上で計算力も確かに必要ですが、それ以上に必要なのは、心のコントロールです。

 

お金と心は密接にかかわっています。

特に、こども達と大人では価値観が異なる事が多々あります。

お金の教育を行う上で最も重要なのは、こども達の価値観を尊重する事です。

もっと言えば、大人がこども達のお金の使い方に口出ししない事が重要です。

 

ところが、お金に対する価値観は無意識に出てしまいます。

口出ししないようにするためには、まずは大人が自分自身の価値観をきちんと分かる必要があります。

 

お金の教育は心の教育です。

こども達の明るい未来を、ぜひ私達と一緒につくりませんか?

 

 

この講座で学べること、手に入るもの、提供する教材など

 

( 1)重度知的障害児、低年齢知的障害児へのお金の指導方法
●現金の練習をスタートできる目安
● 0の獲得、位取りの理解、練習と現場との連携方法
●予算内の買い物の視覚化(実用新案権取得済)
●おつりの枚数を少なく支払う方法(実用新案権取得済)

 

( 2)障害のあるこども達に対する指導の基本
●こども達のつまづきと、指導者の悩み
●学校で学ぶ知識と、生活で使う知識の相違点
●やりくりと計算の相違点
●食とお金の類似点
●こども達の生きる力を育むために必要なこと

 

( 3)価値観を尊重した教育の基本
●人間の記憶はどのように出来上がるのか
●人間の 5感覚要素から考える支援の基本
●自分の価値観を明確にして、こどもの価値観を尊重する
●自分と相手との違いを明確にする
●自立にみちびくための心構え
●相手を観察する、相手の気持ちになって考える

 

( 4)理解度に応じたお金の知識獲得と教科学習との関連
●おこづかいの管理、指導方法、考え方
●暮らしの中で数や計算を体験しながら学ぶ方法
●文章問題の練習方法

 

( 5)自立に向けたお金の管理学習
●支援現場でのお金に関する課題と対処方法
●家計管理のスモールステップ
●お金の知識と教科学習とのつながり

 

( 6)現金指導と買い物トレーニングの指導体験・調理実習
●料理のスモールステップ
●料理と教科学習とのつながり
●こども達の自信を育むために必要な心構え
●料理(食べ物)とお金とのつながり

 

( 7)現金指導用教材一式

 

 

●現金支払サポート台紙(ステップ 1)
●現金支払サポート台紙(ステップ 2)
●コインケース× 1
●コインホーム× 1
●コイントレイ× 1
● 5のお金練習教材 1セット
●ホワイトボードペン(イレイサー付)

 

( 8)指導サポート 1年間
●zoom、メール、電話、対面等( 1回60分、月 3回まで)

 

( 9)アプリ 1セット
●現金トレーニングアプリ
●おつりの枚数を少なく払うサポートアプリ
●予算内の買い物判断支援アプリ
※開発の過程でアプリが統合され 3つのアプリが 2つになる
可能性がありますが、内容に変わりはありません。

 

(10)コミュニティ(SNSグループ)への参加+質問無制限

 

(11)お金で学ぶさんすう主催セミナーへの参加優待割引

 

(12)訪問指導の優待価格でのご提供
●指導60分、フィードバック60分。お子さんへの直接指導可
●21,600円(通常価格)を、→15,000円(優待価格)にてご提供
※出張費込・交通費別途

 

(13)『料理と買い物で学ぶ数・計算、教科学習』

 

(14)料理レシピ集(指導ポイント解説つき)

 

(15)ともに学び合う仲間!!

 

 

価格

 

お料理コースあり(( 1)~(15)すべて)
18,000円(税込)/月×12回  (一括払い 216,000円(税込))

 

お料理コースなし( 1)~( 5)、( 7)~(12)、(15)
16,200円(税込) / 月×12回  (一括払い 税込 194,400円(税込))

 

お申込み・お問合せ